thatched village at Miyama in heavy snow / 大雪の美山かやぶきの里 (23)
(X-E2 + XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS)


今年は全然北海道へ行けてないから、ちょっと雪を見に行きたいなぁ…と思っていたものの、
東京方面と違って大阪では殆ど雪らしい雪もなし。

だったのだけど、昨晩アメダスを色々眺めていたら、なんか美山あたりはガッツリ降っていた。
昨晩の時点では、京都から亀岡、園部あたりまでは殆ど降ってなくて、日本海側もさほど大雪でもなかった。
が、美山あたりだけは昨晩の時点で 20cm も積もっていて、これはちょっと行きたいな、と。

今日は雪のピークも過ぎて、午後から小止みになって…と踏んでいたのだが、
全く止まないどころか、夕方までガンガン降り倒し。

アメダスの値は美山の市街地だが、かやぶきの里はそこから 6〜7km 山に入っていくから、さらに雪は深い。
除雪していないところに足を踏み入れると膝上まできたから、50〜60cm は積もっていた。
(今の道路情報を見ると、美山市街で 39cm、かやぶきの里のもう少し奥の集落で 91cm!だ)

今日の雪は、関西の雪にしては軽い雪だったが(ずっと氷点下だったし)、
それでも服や髪に付いても叩けば全て落ちる北海道の雪とは違うので、なかなかキツかった。
ボディもレンズも防滴ボディじゃないし、身体中や服に付着した雪がまとまって凍るし。

おまけに、あまりの降り方に AF が手前の雪に合焦していることも多かった。
三脚持っていったし、出して使いもしたが、あの降り方では MF で合わすのは厳しすぎた…

とまぁ、言い訳ばっかりだけど、いやホント降りすぎ。
冬の美山には何度も来ているが、ここまで間断なく大雪降られたのはなかった。
地元の人も「これだけ降ったのは、いつ以来だろうねぇ」というくらいだしねぇ。

でも、これだけの大雪を見ると、写真なんかどうでも良いレベルで旅気分は満足した。
北海道行けない代償として、少し雪見成分が補充された気がする。

それに、旅気分と言っても、昨年長年工事中の高速ができて、雪でもウチから2時間かからない。
明日また行きたいくらいだ(行けないけど)