GAMBA20150719A

プレーの合間に選んで……


GAMBA20150719B

記事に使えそうな写真を送信。


昨日のガンバ大阪 vs 横浜マリノス戦。
ガンバのホーム万博開催で在阪メディアが多かったせいか、ガンバ側に付いていたカメラマンが圧倒的だった。

試合冒頭にパトリックが決めて、後半23分に倉田のシュートがラッキーな形で決まって 2-0。

のちに公式記録は、たまたま当たった宇佐美のゴールに変わったものの、
おそらくカメラマンは倉田のゴールだと思って、そしてこれで試合が決まった感があって、
目の前で収めたであろう倉田のシュートシーンとゴール後の喜びあいの中から
使ってもらえそうな写真をピックして電送しただろうシーン。

GAMBA20150719C

スタンドからはキッチリ捉えても背中写真になってボツ扱いだけれども、
ゴール右脇からは前からしっかり捉えられていただろう。
(画像はそのまま掲載するわけにはいかないので、加工済み)


もっとも、ラスト10分で2点入れられ、同点で試合終了。
それもラストプレーで中村俊輔の鮮やかすぎる FK が決まっての劇的なゲームセット。
となれば、使う写真は決まったものだろう。

私自身もファインダーを覗いていて、鮮やかすぎる弾道に途中から見惚れてしまった。
入るような予感もとい悪寒はあったが、決まった後はただただ呆然。
2-0からまた勝てなかったことと、俊輔の素晴らしすぎる FK の両方に。

GAMBA20150719D

俊輔がこちらへ振り返って、いつものように小さく腰のあたりでガッツポーズをするのを
シャッターも切れずにひたすら見送っていた。

プロカメラマンならここできっちり収めておく必要があるのだろうけど、
こちとらガンバの一ファンであることが先だからね……

ちなみに、後で見たら、手前側で撮ってた産経(サンスポ)さんは、
ひたすら宇佐美の写真ばかりしか使ってませんでした(笑)
ま、そんなもんですな。

使える写真=(一般人にも)注目されやすい写真=有名人気選手の写真ですから、
レンズも飯の種になる需要ある選手を中心に追いかけ、
選ぶ方(デスク)もそうなります。