FUK20140225A
(X-T1 + XF55-200mm F3.8-4.5 R LM OIS)


福岡ミッションを終えて、午前中遅くから福岡空港でヒコーキ撮り。
といっても、今日は朝からガスガス霞みすぎ。

一昨日、自宅を出る時はまだ真冬だったのに、今日はもう完全に春。
そりゃ空も腐るわ。
一昨日ならクリアだったろうし、昨日ならもう少しマシだったかも知れないが、まあ仕方ない。

どうにもならない状況でテンション上がらず。
なので、改めてロケハンし直したり、X-T1 でのヒコーキ撮影技術の向上に努めたり。

していたのだけど、昨日から花粉が激増していて、目は痒いわ、鼻水は垂れるわ、である。
3時間弱、ロケハンしながら適当撮影していたが、どうにもならなさすぎて撤退。
少し休憩してからまた撮りに出たが、さらにどうにもならずに1時間弱で終了。

あとは夜の便までずっとラウンジで仕事していた。
勿体ないが、仕方ない。
体力も既にだいぶ削られていた状態だったし、花粉も PM2.5 も多い日だったし、無理はせず。

けれど、初めて「銀牡丹」を見たのに、霞み以前の、とても人様に見せられるような写真でガックリ。
さすがに凹んだが、とりあえずその反省を活かして、X-T1 でのヒコーキ撮りは一歩進んだ気がする。

だいぶコツは掴めてきたというか、AF-C にこだわりすぎないことと、高速連写と低速連写の使い分け、
そのあたりをシーンに応じて適切に使えるようになってきた。
まあ、ANA色を少しでも出そうとベルビア使って、手前の看板を塗りつぶしてしまってるけど。

そして、やっぱり X-T1 の EVF は、ちゃんと一発狙いができるし、とにかく疲れが少ない。
あとまぁ、糞ったれでも縦グリップがあるのは全然違う。
そのあたりはまたメインブログの方でつらつらと書く予定。

まぁ間違っても動きモノを撮るためのカメラじゃないけどね。
それを目的とするなら、買ってはいけないカメラ、メーカーだしね。
それは X-T1 でも基本的に何等変わらない。

それにレンズがねぇ。