iPhone20140328
(iPhone 5s)


週末の鳥栖〜福岡遠征。
土曜日夜、サガン鳥栖 vs ガンバ大阪@ベストアメニティスタジアム。
日曜日午前、ANA B747-400D ジャンボジェット最後の福岡空港飛来、
そして私が見る国内航空会社のジャンボ機のラスト。

ここはやはり EOS の出番でしかない、
X-T1 の(動きモノに対する)信用のなさを考えれば、一眼レフしかない。

と思っていたのだけど、土曜から日曜午前にかけて雨予報。
それも土曜夜から日曜朝はかなりの大雨予報……
一気にテンションが下がってしまった。

所用もあって前日の金曜日に移動開始だったので、出かける寸前まで迷っていた。
というか、年度末でバタバタしていて、考える気力もなかった。
ので、執った手段は

・EOS 7D と大きな望遠レンズ+ X-E2 と小さなレンズ2本を入れたバッグ
・X-T1 と望遠を含めた 4本のレンズを入れたバッグ

別途色々と必要なものを入れたバッグとは別に、この2つのカメラバッグを用意し、
出かける瞬間に選ぶことにした(GR は選択に関係なく常に携帯)。

結果、安易に流れて後者に……

「ああ、また安易な選択をしてしまった」と思いつつも、
出かける前から疲れていたので重いレンズを躊躇ってしまった。
っていうか、この状況だとあまり撮らないだろうなぁ…なんて思ったのもある。

実際、この日は全く撮ることがなかった。
X-T1 と 4本のレンズは重りでしかなかった。
まあ、その日は別にどこか遊びに行くわけでもなかったけれど……

GR でも一枚も撮らず。
結局撮ったのは、この iPhone 5s の一枚だけ。
何の変哲もない夕暮れ時のヒコーキ雲である。


でもまぁ、カメラ性能が糞ったれだった Android 端末から iPhone に乗り換えて
写真は iPhone で済ませちゃう、ってことが復活した。

iPhone って、カメラのスペック自体は他と比べて抜きんでているというわけではないが
ホント、何も考えずに撮っても良く撮れる。
ソフトウェアがよくできてるなぁ、と思う。

Android のカメラ機能は細かい調節ができたり、色々と付加機能は多いのだけれども
そんなの大して必要じゃないし、写真撮ってから Instagram その他のアプリを使うんだしね。

最小限の機能で、操作性がよく、サッと撮って良く写る。
スマートフォンのカメラは、それが最上。
そして、それが iPhone の良さの一つである、と、舞い戻ってきて痛感する。