OsakaNight20180120A

OsakaNight20180120B

OsakaNight20180120C

OsakaNight20180120D
(E-M1 Mark II + 14-42mm EZ / 大阪・肥後橋、渡辺橋)


年末から仕事が忙しくて、元旦朝に初日の出を撮りに行った以外はカメラを手にすることも全くないままだった。

が、先週なんとか一山超えて(まだもう一山あるけど)、昨日は大阪市内でオリンパスのイベントと所用をこなして、帰り道、四ツ橋から西梅田まで歩いて帰って、途中で久しぶりのシャッター。

相変わらず写真整理どころか取り込んでもいないので、スマホ転送した写真をベタ貼り。

オリンパスのイベント感想を書いたメインブログの記事でも書いたけれど、E-M1 Mark II の手振れ補正の強烈さは格別で、標準ズーム域なら1秒2秒を躊躇うことがない。上記の写真は全て2秒〜2.5秒。

もちろん、三脚据えて撮った方が ISO 感度はより下げられて、高感度画質が今ひとつなマイクロフォーサーズではその方が良いけれど、お手軽に1秒2秒止められるのは邪魔な車を光跡にもできる優位さはある。(3枚目は飛行機の光跡も映ってる)

ただ、ISO 800〜1000 で既に夜空のグラデーションに違和感を感じる画質なので、そこはやはりお手軽撮影限定になる。また、広角〜標準域なら2秒台まではキッチリ止まるけど、3〜4秒超えてくると歩留まりを考えると三脚据えて撮った方が早いのも事実。

とはいえ、止まってるもの相手なら良いスナップカメラだと、久しぶりに使って改めて実感した夜だった。

ま、もうしばらくは写真撮りに行くのは難しい時間が続くけど、シーズンが始まるまでは別に良いかな……(そろそろ “リハビリ” は必要になる季節だが)