TediousPhoto20180502
(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR @天王寺動物園)


飼育エリアの真ん中にある藪もどきの向こう側をウロウロして、全く見学エリアからちゃんと見えるところに来てくれなかったカバさん。
陰や塀の向こうから出てきた瞬間を藪越しに一枚。
障害物の向こうで動いている相手にサクッと合焦するかどうかは、数字的なAF速度では決して測れない。
同じようなシーンを複数のカメラで撮って、スペックでは語れない能力の差を実感する。

今のところ購入したレンズは「ゴーヨン」こと AF-S 500mm f/4E FL ED VR と、借りて使ってみて納得して1週間後に購入した「サンヨン」こと AF-S 300mm f/4E PF ED VR。
標準ズームとか望遠ズームとか、一般的なレンズは買っていません。
望遠ズームだけは欲しいと思っているけれど、お金が足りません。
テレコンも必要だけど、買えてません(>_<)

メインブログでも以前グチグチ書いたけど、カメラ単体と最初のレンズ一本だけでも安い自動車が買えちゃうくらいの金額なのに、そこからさらに周辺アクセサリー類で金かかってる。

マウント追加(移行)は周辺アイテムに金がかかるよ、どこまでも

バッテリグリップが5万数千円、予備バッテリー2本で1万円弱。
念のための互換バッテリー2本セット(と USB 充電器)も買ったけれど、ハズレっぽい(´Д` )
まぁ互換バッテリーは撮影時に使うのは緊急避難で、撮影終了後の画像確認、削除、スマホ転送などに使えたらいいわ、と思って買ったから、それで使えれば良いけど。

メモリーカードは UHS-II SDXC カードがそれなりにあるから…と当初思ったが、結局撮ってる被写体を考えたら限界性能は必要なので、XQD カードを 64GB + 128GB で4万数千円。
XQD カード使わないと、何のためのダブルスロットか判らなくなるし。

EOS 7D Mark II では液晶に傷をつけたこともあって、今回は液晶保護シートを購入。ガラスタイプ。
ニコン機はアイカップ付属していないからそれも購入。
ゴーヨンのデカすぎて煩わしい純正レンズキャップの代わりに海外から取り寄せたキャップは送料込みで $60。

迅速!嵩張らない!大型レンズ用フロントレンズキャップ AquaTech Soft Cap

そうそう、一脚もゴーヨンの重さに耐えられるヤツ SURUI P-424 を購入。1万4千円。
そちらはメインブログで記事にしている。

SIRUI カーボン一脚 P-424 【前編】 〜リーズナブルなのに太くて硬い♡

そして、サンヨンPF (AF-S 300mm f/4E PF ED VR) も購入した。
こちらはメインブログで記事にしたとおり、オリンパスのサンヨン売ってなので出費は最小限。

サンヨンからサンヨン

でも、まだまだ足りない。

Itami Airport 2018.4.29 (9) JA777A / ANA's B777-300

とりあえず、テレコン。
TC-14E III だけでも、と思うが、6万円弱。
単焦点の2本が主力レンズではあるけれど、望遠ズームレンズの1本くらいは欲しい。
AF-S 70-200mm f/2.8E FL は将来でいいから、AF-P 70-300mm f/4.5-5.6E VR くらいで欲しいけど、7万円台。

他のレンズは、当面我慢。できるはず。
超広角とか2倍テレコンとか色々欲しいが、フルサイズ機を買ってからの話だ。たぶん。

何よりもゴーヨンが防湿庫に入らなかったので、入るやつを新調しなければならない。5万円強。
ただ、防湿庫に関しては、金銭的なことより部屋の配置換えしないと今度のサイズの防湿庫を置く場所がない。
梅雨の季節までに何とかせねば。

ゴーヨンのアルカスイス互換レンズフットは至急必要だけど、いまメーカーに問い合わせ中。2万円くらい。
ゴーヨンにはレンズコートも貼りたい。$120〜130 くらい。
雲台もゴーヨン対応で一つ追加したい。9万円くらい。

思いの外、電池食いの D500 なので予備バッテリーは純正を最低あと1個は追加しないと不安すぎる。
XQD カードも、14bit RAW のせいか、EOS 7D Mark II や E-M1 Mark II より同じ容量で撮れる枚数が少ないから、フルサイズ機を買う前に、もう1枚欲しい。でも無理。

タイトルに「とりあえず、あと30万」と書いたけど、全然足りないじゃん Σ( ̄□ ̄lll)!!
ちまちま優先順位決めて揃えていくしかないですね……
本来予定していた D850 が買えるのは、いつにやることやら┐(´д`)┌