JASDF Chitose AB Airshow 2017 (24) Japanese Air Force One / 20-1101

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (27) Japanese Air Force One / 20-1101
(E-M1 Mark II + 40-150mm F2.8 PRO @千歳基地航空祭)


今週末は千歳基地航空祭だけれども、去年は間もなく退役するジャンボジェットの政府専用機を、F-15 イーグルとの編隊飛行を撮りに行ったのだけれども、天候に恵まれず航過飛行だけであった。
というか、救難展示と米軍 F-16 のアクロバット飛行以外は、ほぼ航過飛行のみだったし、挙句ブルーインパルスは離陸直前に1番機のブレーキ故障で、ほぼ展示飛行なしになってしまう状況で残念すぎた。

(予行は晴れ間も見える中ではあったけれど、南側の雲底が低くてローパス祭りの5区分、アクロなしでした)


Chitose AB Airshow Rehearsal 2017.7.22 (16)

Chitose AB Airshow Rehearsal 2017.7.22 (26)

Chitose AB Airshow Rehearsal 2017.7.22 (32)

と書くと、よく訓練されたミリヲタ、ヒコーキヲタの方々から「残念とか言うな」「飛ばないなりに楽しめたはず」と批判される昨今だけど、残念なものは残念である。

もちろん、安全第一であり、別に航空祭なんて本業でもないから無理することもない上、飛ばない、航過飛行だけということがあることなんて重々承知であるけれど、わざわざ遠くまで出かけて楽しみにしていたのだから、それを判った上でも残念なものは残念である。

残念と判っていながら仕方ないと諦めるものであって、ええ子ぶったり、通ぶって、ごちゃごちゃ強がる必要はどこにもないと思ってる。


JASDF Chitose AB Airshow 2017 (54) PACAF F-16C - 92-887

JASDF Chitose AB Airshow 2017 (57) PACAF F-16C - 92-887

そんな天候不順で本来のフライトが見られない続きだった中で、唯一気を吐いていたのが米軍 F-16 アクロバットフライト。
フライト基準が自衛隊とは違うからだろうけれど、迫力満点のフライトで本当に印象的だった。
それがあったから、結構満足して帰れたと言っても良いくらいだ。

ってか、E-M1 Mark II の AF-C ヒット率は、サッカーは論外にしても飛行機でも機動飛行となると決して高くないが、何枚かはそこそこ撮れていたのは本当に良かった。
空気状態は悪いし、空は一面真っ白だし、決して条件は良くなかったのに、換算840mm でよく頑張れた。
E-M1 Mark II も、もう少し、あと2段階くらい AF-C ができる子なら 300mm F4 IS PRO x1.4 テレコンで、ファイターもガンガン撮れちゃうくらいになれたのに、と思う。

それにしても、今年はその PACAF F-16 は来ないし、やっぱり天候不順みたいだけど、どうなるかねぇ。
というか、7月に千歳基地航空祭をやると、大概天気悪い気がするけれども……
今年も昨年同様ドン曇りで、どうしようもなさそうだしねぇ。

TediousPhoto20180721_01_D50_4976

TediousPhoto20180721_01

TediousPhoto20180721_02

TediousPhoto20180721_02_D50_5009

TediousPhoto20180721_03


予行直前と途中にホットスクランブルが二度もあったことだけが救いでしたね。(あれ?)

TediousPhoto20180721_03_D50_5301


正直、予行の天候状況は去年より悪かった。
ガスガス度が洒落にならないくらい。
4日前に急遽、衝動的に来ることを決めたけれど、やっぱりダメなものはダメですな。
明日の本番は、もっと悪そうだし……