TediousPhoto20181118_10_6235

TediousPhoto20181118_07_5877

TediousPhoto20181114_01_D50_4288trim

TediousPhoto20181118_01_D50_6131trim
(D500 + AF-S 500mm f/4E FL ED VR + TC-14E III @かがみはら航空宇宙科学博物館近郊)


凄腕たちの今年の岐阜基地航空祭の写真では、三井山からのパカ(TACデパーチャーからのブレイクの瞬間)写真が秀逸すぎた。
総合予行の時、午後の大編隊飛行のための離陸機のパカ写真を撮るべく位置取りをしていたのだが、例年よりずっと離陸が低く、博物館付近では全く見えない状況だった。
反面、三井山からは眼下でブレイクする瞬間を山や住宅街バックに撮ることができていて圧巻であった。

一瞬、本番ではそこで…と思ったが、今年は色々と機材チェック込みでもあったので、いつもの畑エリアであった。
ここ数年、機材を毎年のように入れ替えてしまったので、毎年の場所で機動飛行を撮ることで、新しい機材の癖やヒット率を体感できる。
ま、さすがにもうしばらくは機材変更はないと思うので、来年からは違ったチャレンジをしてみたいと思っている。
思っているだけかもしれないが……

ともあれ、今年(大枚叩いて)買いそろえたニコンのシステムには満足している。
D500 とゴーヨンFL はここでも期待に応えるモノを示してくれた。
テレコン入れても(確率は下がるが)当たりがそれなりにあった。
機動飛行中でも等倍でコクピット写真をここまで撮ることのできるシステムに戻ってこれて一安心である。